平日 9:00 ~ 17:30
03-5838-0337
資料請求 お問い合わせ
ホーム > ブログ > 自動包装機とは?種類・導入のメリット・選び方を解説

自動包装機とは?種類・導入のメリット・選び方を解説

自動包装機とは?種類・導入のメリット・選び方を解説

自動包装機は、多くの製造現場で導入されている機械です。工場で製造した製品を、一定の品質を保ちながらスピーディーに自動で包装してくれます。包装する製品に合わせて機能やサイズなどが異なるため、機械の種類もたくさんあります。この記事では自動包装機の種類や、導入のメリットなどについて解説いたします。

自動包装機とは?

自動包装機とは、製品の包装を自動的に行う機械です。スーパーやネットショッピングなどで買い物をすると、あらゆる製品がパッケージングされていることがわかります。工場で製造されたほとんどの製品は、手作業ではなく自動で包装が行われています。製品を包装するためには、製品のサイズや形状に合わせ、さらに包装する素材選びも必要です。

自動包装機の種類

自動包装機の主な種類についてご紹介します。

ピロー式自動包装機

代表的な包装機械に、「ピロー包装機」があります。ピロー包装機は、ロール状に巻かれたフィルムを、製品を包む必要の長さを送り出し、フィルムを筒状にします。筒状に形成されたフィルムの両端部分を合わせて、筒の後ろ側と下側を順番に接着します。この状態でフィルムの中に製品が入り、筒状の上部を接着し切り離されます。包装された形状が枕に似ていることから、ピロー包装機と呼ばれています。
ピロー包装機には縦ピローと横ピローがあります。縦型は製品を上から落下させて包装する方法です。液状や粉状タイプの製品を包装する際には、縦ピローが適しています。反対に、衝撃に弱い固形物には不向きです。
一方、横ピローは製品をベルトで流しながら包装していく方法です。トレーに入った食品や大きな固形物などに適しています。

チューブ式自動包装機

チューブ式は、筒状のフィルムを使用した包装です。フィルムから筒状に形成するピロー式とは異なり、フィルムと包装後のサイズの幅が同じであるため、その分包装する機械の幅を取りません。また、シール部はピロー式は三か所に対してチューブ式は上下二か所になります。製品の投入口から袋までの落下距離が短い為、精密部品などの包装にも用いられます。

給袋式自動包装機

袋状に形成された包装資材に商品を入れる方法です。コンパクトに包装できるため、製品輸送の体積縮小に繋がり、コストカットが可能となります。

自動包装機を導入するメリット

自動包装機を導入するメリットをご紹介します。

作業効率がアップする

製品の包装作業を機械が自動で行ってくれることで、作業効率がアップします。手作業での作業よりも速いスピードで大量の製品を包装できます。

コストの削減につながる

自動包装機を導入することで、作業効率が上がり一定の品質が保て、必要なときには長時間稼働させることもできます。あらゆるメリットにコスト削減の効果があります。

作業品質が安定する

包装作業を機械が行うため、一定の品質で包装が可能です。手動であれば発生することが考えられる、集中力が途切れてスピードが落ちることや、作業ミスなどはありません。

人手不足の解消につながる

労働人口が減少している現在の日本において、製造の現場でも人手不足は課題です。自動包装機を導入すれば、人が作業する部分は、機械の調整やメンテナンスだけですみます。

作業時間の延長が可能

自動包装機であれば定期的なメンテナンスを除いて、休まずに疲れることなく稼働し続けられます。受注量が多く、作業が長時間に及ぶなどの状況であっても、問題なく対応が可能です。

自動包装機を導入するデメリット

自動包装機を導入するメリットが大きい一方で、注意しておかなければデメリットになる点もあります。

初期費用がかかる

自動包装機の導入費用が発生するため、一時的に負担が大きくなるかもしれません。導入することでどれくらい作業効率が上がり、どれくらいのコストカットが見込めるかどうかを検討する必要があります。

設置スペースの確保が必要

自動包装機を設置するスペースを確保する必要があります。自動包装機の種類にもよりますが、包装するための装置に加えて、包装資材や包む製品を供給するベルトなど、周辺機器を含めると大きな機械になります。また機械の周囲にストックの置き場や製品の運搬スペースなどを確保しなければなりません。

機械故障が発生する可能性がある

機械の故障が発生する可能性もあるため、機械の監視や定期的なメンテナンスの必要があります。故障などのトラブルが発生した場合、復旧までどれくらいかかるのか予想を立て、機械が使用できない間の作業方法などを検討しておくことも必要です。

自動包装機を導入する際の選び方

自動包装機にはさまざまな種類があります。機械の選定方法についてご説明します。

操作方法のしやすさで選ぶ

自動包装機には、数値を入力して包装サイズを変更できたり、包装素材を複数使用したりなど、カスタマイズや多様な包装が可能な機械があるため、操作が複雑になる可能性があります。一方でシンプルで簡単な操作の機械もあるため、操作方法で選ぶことも一つのポイントです。

用途にあわせて選ぶ

包装する製品に合わせた専用の機械があります。例えば食品トレーや医薬品など、包装する製品の形状が決まっている場合にはよいでしょう。

設置スペースにあわせて選ぶ

包装機には大小さまざまなサイズがあり、機能によって大きさも異なります。十分な設置スペースと必要な機能を確認しながら選定しましょう。

トラブル時のアフターサービス内容で選ぶ

機械である以上、故障などトラブルの可能性があります。トラブル発生時の問い合わせや修理といったアフターサービスの内容も確認しておきましょう。

包装資材もまとめて製作できるメーカーがおすすめ

自動包装機の製造メーカーでは、包装資材を取り扱っているところもあります。自動包装機を効率的に活用するためには、素材やサイズなど適正な包装資材を使用する必要があるため、自動包装機の製造メーカーに資材を発注できれば安心です。

自動包装機の価格相場は?

自動包装機は大型のものであれば、100〜500万円ほどの費用がかかります。機能によって大きく金額が異なりますが、卓上タイプや手動の包装機が5〜50万円程に対し、金額設定は高くなります。人件費などの長期的なコストを比較しながら検討しましょう。

まとめ

自動包装機は、作業効率を高めてくれるものです。取り扱っている商品に最適な機械の種類や規模を考慮しながら選べば、より大きなメリットが見込めるようになるでしょう。

気になる製品があれば、
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ 03-5838-0337 平日 9:00~17:30